子年一白命(昭和47年生 昭和11年生 明治33年生)

 良くない先月を乗り切って、ようやく世間に認められる月となりました。注目を集め、良い評価を受けることが出来ます。社交上も愉快に送ることが出来ます。但し、調子に乗りすぎてはいけません。その上で、万事を積極的に進まれると宜しい。従業員部下に縁はあります。東が吉方。更なる開運のために、お水取りをなさると宜しい。

子年四緑命(平成8年生 昭和35年生 大正13年生)
 天佑が備わりました。気分を一新して、新たなことに挑戦なさると良い月です。元気だけでなく、体力も備わりました。不動産にも縁があり、良い物件ならば一考の価値は有ります。但し、お金と異性を追いかけやすい。短気や軽率になっての失敗をしやすい。ご注意の上、万事を積極的に進まれると宜しい。南が吉方。更なる開運のために、お水取りをなさると宜しい。

子年七赤命(昭和59年生 昭和23年生 大正元年生)
 不運年中の厄難月です。重責が肩にのしかかります。停滞することが非常に多い。厄介事は持ち込まれますが、問題の解決の目処がつきません。盗難詐欺や病難怪我にも遭いやすい。慶び事は糠喜びとなります。総てを控えめになさり、厳重に警戒して通ると宜しい。西が大吉方。北と南が吉方。災難除けのために、極力お水取りをなさると宜しい。