子年一白命(昭和47年生 昭和11年生 明治33年生)

 周囲の中心的な存在となりました。頼まれ事が多くて、非常に忙しく活動されます。忙しすぎて、気持ちが浮動しやすい。新しいものや新人とのトラブルなどが起こりやすい。従業員部下を追いやすい。総て現状維持で通るようになさると宜しい。吉方はありません。今月はお水取りが出来ませんが、今までのお水取りの成果が現れる時です。重に警戒して通ると宜しい。艮が大吉方。乾が吉方。災難除けのために、極力お水取りをなさると宜しい。

子年四緑命(平成8年生 昭和35年生 大正13年生)
 内憂外患の月となりました。投機に関心が起こり、心身共に動揺が激しい月です。停滞することが多い。また、不動産や中古品でのトラブル、従業員部下の支障、事故、お金のトラブル、家庭内の支障、損害散財が起こりやすい。総てを控えめになさり、厳重に警戒して通ると宜しい。吉方はありません。今までのお水取りの成果が現れる時です。

子年七赤命(昭和59年生 昭和23年生 大正元年生)
 天佑は備わっています。慶び事がありそうです。ところが、勘違いや錯覚が多くて、迷ってしまいやすい月です。しかも、内輪揉めが起こりやすく、足をすくおうとする人まで現れます。停滞気味となりやすい。充分に注意が必要です。総て現状維持で通ると宜しい。大吉方は東、吉方は乾です。災難除けのために極力お水取りをなさると宜しい。