丑年三碧命(平成9年生 昭和36年生 大正14年生)
 内憂外患の月で、投機に関心が起こります。不動産や中古品でのトラブル、従業員部下の支障、事故、仕事上のトラブル、人間関係のもつれ、名誉毀損、火難、損害散財、病難怪我などの災厄に遭いやすい。総てを控え目になさり、厳重に警戒して通ると宜しい。吉方無し。今月はお水取りがありません。今までのお水取りの成果が出る時です。

丑年六白命(昭和60年生 昭和24年生 大正2年生)
 気持ちが浮動して、迷うことが非常に多い月です。しかも、足を引っ張る人が現れます。内輪揉めが起こりやすく、停滞することが非常に多い。幸い金運艶福に恵まれます。しかし、無理につかまえにいかないほうが良い。今までの方針を堅持されて、総て現状維持で通ると宜しい。西と東が吉方。災難除けのために、極力お水取りをなさると宜しい。

丑年九紫命(昭和48年生 昭和12年生 明治34年生)
 周囲の中心的な存在となるために、頼まれ事が多い。そのため、非常に忙しい月となります。従業員部下を追いかけます。忙しすぎて、気持ちに余裕が無くなりやすい。しかも、家庭内の支障や損害散財、水難、色難などが起こりやすい。今までの方針を守って、堅実第一で通ると宜しい。西が吉方。災難除けのために、極力お水取りをなさると宜しい。